読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Q.

思ったことを書きます

「クックパッド」にインターンに行ってきた

8/1〜今日まで、「クックパッド」にインターンシップでおじゃまさせていただいてました。

まだ何日かお手伝いさせていただけることになっているので、完全におしまいというわけではありませんが、
1ヶ月クックパッドにいて感じたことを書こうと思います。


・サービスをつくるということ
皆さんご存知クックパッドは、Webサービスをつくっている会社です。

サービスをつくるということは、つくっておしまい、ではなくて、使ってくれる人から意見をもらって、
その人達のために改善、改良を繰り返していくということになります。

実際、自分も何本かアプリをリリースしていてこのあたりは実感しています。
自分も欲しい機能を足したりするし、ユーザから「これこれこういうのが欲しい」と言われて、
「ああ、確かに。じゃあつくりますか。」という軽いノリで機能追加をしたりしてます。

ただクックパッドにいる人たちは、そのユーザ一人ひとりに対する本気度がすごかった。
とことんユーザのことを考えて、ユーザが喜んでくれるものだけを考えて、つくって、リリースする。

クックパッドのスローガン(?)に、
「Goodはやらない。Bestだけに集中」というものがあります。
「これあるといいよね〜」っていう漠然とした気持ちでものをつくるのではなく、
「これあると絶対ユーザさんはもっと便利にクックパッドを使ってくれるし、幸せになってくれる」という確固たる自信がないと、
ものづくりを始めない。

その本気度がまず一つ勉強になったことです。
ものをつくる前に、それが本当に必要なのか、必要としている人がいるのか、ってことを、これから少し意識していこうと思いました。


Androidのこと、プログラミングのこと
1ヶ月、Androidアプリの開発をやらせてもらって、APIについての知識が結構増えました。
ただ、Javaについての知識が浅くて、割と常識めいたことがわからなかったりしたのが、悔しかったポイントです。
まだまだ実力、知識不足であること、それでも自分の持ってる知識が、そこそこ通用するレベルにある、かもしれない…ということがわかっただけでも、大きな収穫だったように感じます。
Androidだけでなく、もっともっと色々な知識を吸収して、もう一回り、二回り、できるエンジニアになりたいですね。なろう。


・英語
クックパッドには外国人のスタッフが10人くらいいます。
日本語がかなりペラペラな人もいれば、あんまり…な人もいます。
そういう人たちは当然英語はペラペラです。なので、こちらが英語ができる人なら、英語でコミュニケーションを取ることになります。

しかし僕は結局一度も英語を発しませんでした。
情けない話ですが、相手が気を使ってくれて、日本語で頑張ってくれるので、甘えてしまいました。

これは反省ポイントです。せっかくのチャンスを活かせなかった。
話せるようにならなくては…


・料理、楽しい
クックパッドのオフィスにはキッチンがあります。ランチは冷蔵庫の中身を自由に使って自由に作ってOK、となっています。
社員の方と一緒に料理したり、一人でパスタを作ったり(たまに外に食べにいったりもありますが)、毎日のランチが充実しすぎてて怖いくらいでした。
お陰さまでパスタの腕も上がった!と、思います。冷凍された豚バラとベーコンの見分けもつくようになりましたよ。


・楽しく仕事をするということ
クックパッドでのお仕事は常に楽しかったです
(調布から通うにあたって早起きが必須になったのがきつかったのを除く)。具体的に何を持って楽しいか、というのを言葉にするのはとても難しいのですが…。
開発に集中しやすい環境がそこにはあって、ひとつ目標が決まると、「やるぞ!」って気分に不思議となるんですよね。
きっとそれには秘密があるはずなので、少しずつ解き明かして自分のものにしたいです。
将来自分が働くとしたら、こういう環境がいいな!と、朧気ながら考えた次第です。


・まとめ
非常にいい経験になりました。
そして、8月1日から今日までの時は、本当にあっという間でした。
本当に1ヶ月も、毎日電車に乗って白金に行ってたのかが疑問になるくらいです。

また一緒にインターンに参加していた京大の院生の方が、最後に言っていた
「この経験は大学の同期には薦められない。速すぎてついてこれない」
というのが印象的でした。
確かに万人に、特に開発経験とかない普通の学生には薦められないかな、って気はします。
ただ、同じくエンジニアを目指してるような友人、後輩には、是非体験してみて欲しいな、とも思います。
少なくとも僕は、この1ヶ月で、「将来はサービスをつくる側の人間として、ご飯を食べていきたい」という願望が確固たるものになりました。

自分が成長するということに対するモチベーションはたぶん、今人生で一番高いところにあると思います。これを上手く自分のものにしたい。

少し期間を置けばまだまだ書けること、出てきそうですが、今の率直な感想をここに記しておきます。ありがとうございました。