読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Q.

思ったことを書きます

オリジナルアニメーション「ストラとスフィア」

僕が所属してるサークルに「瓶底眼鏡女子同盟」っていうのがあって、よくわかんないサークルなんですけど、このよくわかんないサークルの名義で「Stratosphere」ってイベントを年に数回やってるんですよ。 俗にいうクラブイベントで、1日中トランスが流れる僕にとっては非常に素敵なイベントなんですが、ある時瓶底眼鏡女子同盟のボスが「ストラトスフィアって……ストラとスフィアだよね」って言い出したんですよ。 何言ってるかわからないと思うんですが、僕もよくわかりませんでした。

要は、

  • ストラちゃんとスフィアちゃんっていう女の子がいて
  • 宇宙的な出会いを果たすお話があって
  • それはもうアニメだよね

ということらしいんですね。

というわけで、「Stratosphereがアニメ化します」というホラを、今年のエイプリルフールにつきました。

strtsphr.net

イベントが掲げる「宇宙にいちばん近い場所へ」というフレーズはそのままに、世界設定やストーリーを組んで、キャラクターをデザインしてもらって、テーマソングを作って……流石に本当にアニメにするパワーはないから、テーマソングのCDはつくろう、そんな感じで動いた企画です。

お話やキャラの設定はDJ Noriken先生と一緒に考えたんですが、二人とも女の子同士がキャッキャするの好きなんで自然とそうなりました。 ストラとスフィアはなぜ出会うに至ったのか?呪いとは何か?ストラは宇宙へ飛び出せるのか?とこの先色々展開できそうで良いですよね。良いですよね?

キャラクターデザインは葉月ナツさん。透明感のある魅力的な女の子を描かれる方で、コンセプトにも合いそう!と思いお願いしました。案の定仕上がりも最高でした……。

作中に「宇宙エレベーター」が出てくるんですが、ここでStratosphereのグラフィックデザインを毎度バシッとやってくださる朝倉さんの冴え渡るメカデザインがドカンと登場。 アニメのCGということで絶妙にファンタジックなデザインで宇宙エレベーターをつくっていただきました。 イラストとのマッチ度も非常に高く、印象的なジャケットに仕上がったんじゃないかと思います。

前置きが長くなりましたが、テーマソングのCDが春M3で出ます。タイトルは「スターゲイザー」です。聞いてね。

曲について簡単にお話させていただきますので、ぜひクロスフェード聞きながら読んでください。

まずは作曲DJ Norikenさん、トランスのイベントのアニメ化なのでトランスチックなアニメソングを、という感じで出てきたのが当楽曲。 しっかりと曲全体はトランスしつつ、キャッチーなサビ、エモいギター、泣けるCメロと三拍子も四拍子も揃ってて驚きました。 変な言い方ですが、トランスの可能性を感じました……。

そして作詞はラクエスクでもお世話になりっぱなしのstereoberryさん。あらすじや世界観を美しい歌詞に落とし込んでくださいました。 当然CDには歌詞を収録しておりますが、折角なので↑のデモで聞けるワンコーラスの歌詞を置いておきますね。

長く伸びた影法師ふたつ
夜の気配 少しずつ近づくほどに
胸の奥 さざなみが広がる

寂しい空 見上げて描いた
遠い未来が すぐそばで掴めることに気づいたよ
たどり着く時が来る

世界を見下ろしてどこまで高く飛べるのかな? 
いま 確かめて

夢見るfeeling 想いを今解き放つ この宇宙の彼方まで
いつか君と見たあの景色まで 手を伸ばせば届きそう
きっと僕らが描く軌跡は 流星のような速さで
長い旅路を駆け抜けて行く ああ 煌めく風のように

良すぎる。

そしてボーカルはYUC'eさん。ボーカル選びは非常に難航しましたが、作曲であるのりけんさんの一声でお願いするに至りました。 企画全体が持つ宇宙のイメージを的確に表現していただけて、大変嬉しかったです。 三者誰が欠けてもこの世界観は成り立たなかったと思います。

そしてリミックス。 CDにするにあたって、何人かリミックスをお願いしよう、というのは企画の走りから決まっていまして、あれこれ議論を重ねて「この人のリミックスを聞いてみたい」と強く思った方々にお願いするに至りました。 一人ずつ紹介させていただきます。

まずKO3さん。 アニメに対する造詣が深く、昨年リリースされた自身のアルバムにも宇宙モチーフがふんだんに用いられていたことから、今作のイメージにピッタリだろう、ということでお願いしました。 神秘的な宇宙空間を感じられる、透明感と浮遊感が非常に心地よいハードコアに仕上げていただきました。

次にHommarjuさん。 昨年開催された同人音楽イベント「APOLLO」のアンセム楽曲を担当されており、そのリミックスをのりけんさんが行ったことから、「逆のパターンを頼みたい」というたっての希望でお願いしました。 いい意味で何をしてくるかわからない方なのでワクワクドキドキしながら完成を待っていましたが、完全に想像の斜め上をいかれましたね。脱帽です。

DJ Sharpmarkerさん。 多様なアレンジワークで華麗な活躍を見せている正体不明のアーティストで、連絡先を見つけるのも一苦労でしたが、なんとかお声がけできました。 仕上がりも抜群の安定感でした。いつかお会いして乾杯したいものです。

Junkさん。 「宇宙」で「トランス」と言ったらこの人を呼ばないわけにはいきません。 原曲の雰囲気はそのままに、さらにコズミックに仕上げていただきました。 Junkさんの曲に対しては語彙がなくなるのであんまり気の利いたことが言えないんですが、ホントに最高です。ありがとうございます。

yuigotさん。 瓶底眼鏡女子同盟のボスの希望でお声がけさせていただきました。 他のリミキサーとは毛色が異なり、キュートで楽しい楽曲に仕上がっています。 デモではお聞かせできませんでしたが、後半〜曲の締めの展開が非常に僕好みです。是非聞いてほしいです。

== という感じで、春M3の瓶底眼鏡女子同盟はエイプリルフール!からの一部本当、という一作がリリースとなります。 サークススペースは【A-14ab】。いつも通り、のりけんさん主宰のSKETCH UP! Rec.と合同です。 そちらでも新譜があるみたいなので、是非是非 @noriken をチェックしてみてくださいね。

微妙に話は逸れますが、当日は6/10開催予定の次回Stratosphereのフライヤーも配布する予定です。 誰が出るのか?はまた後でのお楽しみということで、スターゲイザーともどもどうぞよろしくお願いします。

ブログって何書けばいいかわかんない

今日あったことでも書くか〜と思って文字打ってたら「違うな…」って気分になって消して、昨日友だちと飲みながら喋ったことでも書くか〜と思って文字打ってたら「これも違うな…」って気分になって消して、創作のことでも書くか〜と思って文字打ってたら「語り過ぎはかっこ悪い気がするな…」って気分になって今これを書いてます。 こういうことやりたいとか、やります!とかそういう宣言って、有言実行せよ的な誓いを自分に立てる分にはすごく役立ちそうだけど、数少ない自分の成果物を楽しみにしてくれる人たちにとって、それは嬉しい情報なのか?と考えてしまうことがままあります。それでもって結局のところ黙ってしまう。 何が正解なのか、というのは答えられないと思うんですけど、自分は何を発信するのが正しい姿なんだろうなぁ、と考えてしまった冬の夜でした。

せっかくなので今日あったことを書くと、デパートの催事場で色んなチョコ屋さんが色んなチョコを売ってて、(紆余曲折あって)色々な選択肢を自分の中に持っておくと人生が豊かになりそうだな〜とほんのり思った、というのが今日のお話です。

急に去年を振り返る

去年を振り返る記事を書こう書こうと思っていたらもう1月が終わりそうになってて驚愕です。

このままなあなあにして2017年を歩いていくことに危機感を覚えてきたのでバババっと書き残していきたいと思います。

まずは月別に何やってたか振り返って、最後に総括をば。

1月

まずはビートマニアの大会『DAC 2015』がありました。 プレー頻度こそ落ちたもののこういう場でスーパープレーを見るのは依然として好きです。 次回の大会は3月。なんかどんどんスパンが長くなってるな。

月末にはコミティアがあり、クリームソーダのアクキーを新作として頒布しましたね。

あとガルパンの劇場版を見てハマりました。

2月

↑の流れで初めて大洗へ。

Stratosphere第5回ことVijfもありました。 人が来なさすぎて大変だった。冬は厳しいね。

あと名刺を新調したのもこの辺りだった気がします。

3月

大洗に2回行ったり、広島に行ったり。アイロンビーズ会もやりました。 あと家族に不幸があって実家に帰りました。

4月

GWまでは特に大きなイベントもなく、平和な新年度を迎えました。 クリノクロア2の原稿を頑張ってた記憶がうっすらとあります。 あとM3か。Conceptive.は良盤でしたね。

5月

コミティア116で新刊『クリノクロア2』を頒布。 同人誌の表紙を自分が描くことになるとは思ってませんでした。 あとは49日で帰省したり、初めてハマスタに行ってやきうを見たり、また大洗行ったり、BBQしたり。 なんか色々やってんな。

6月

Transylvaniaで初めて人にお呼ばれしてDJをしました。お声がかかった時は嬉しかったなあ……。 Stratosphere2周年ことHEXAもやりました。 裏ではDelicious Solaris(以下デリソラ)の製作が大詰めな感じでした。

7月

ビートマニアの大会『Joint Struggle』を開催。 SPDP混合形式ということで今までにない面白さがありましたね。 あとデリソラの入稿もこの月ですね。

8月

なんといってもコミケですね。 デリソラの出来が自分でもびっくりするほど良くて、なんというか本当にありがとうございました。 Euphoric Tourismができた時も人生変わったような衝撃があったんですけど、今回はそれ以上に色々と動いた作品になったかな、と思います。 語りすぎてもウザいのでこの辺で……。 あとまた大洗行ってます。

9月

実家に帰ってゆったり。 S2TBTANO*Cで泣いたり。

10月

またまたコミティア。 省エネで作った折冊子『White Jade』を頒布しました。 春のマンガも含めて、ルーアンドクーの生活についての色々が徐々に明らかになっていきました。 ラクエスク活動はここでおしまい。

あとはCOT Friendsに出させていただいたり、水を見に黒部ダムへ行ったり。 M3もありましたね。僕は特に何もしてません。

11月

SW!TCHのラウンジに出演。 仕事がわちゃわちゃしててあんまり書くことがない……。なんか一瞬で終わった気がします。

12月

年末までバババっと駆け抜けて、最後はKCDJやら、コミケやら、カウントダウンやらで終了、といった塩梅です。

総括

なんか色々やった気がするけど、文字に起こしてみると意外と何もやってないように見えますね。 実際あんまり大したことはやってないと思います。

ただ初めて体験したことはいくつかありまして、

  • ティアのサークルカットを描くようになった(116〜
  • 同人誌の表紙を描いた(クリノクロア2
  • 自分の絵に音楽をつけてもらった(Delicious Solaris *2
  • 人様のイベントでDJ(トラシル、COT 2015年のSW!TCHも人様のイベントだけどあれは半分内部の人間だからノーカンで…
  • 他にもあったような……。

などなど。

変わったことといえば2月に名刺を作ってから、『今年のテーマカラー』を勝手に設定してました。 2016年は『紺』でした。何かと宇宙関連のものをつくることが多かったので、ですね。 ペーパーのインクにしたり、Delicious Solarisだったり。

あとはカレーをもっと好きになった気がします。色んなお店を調べて足を運んだり。 カレーに限らず外食には色々気を使い始めた、ような。 お店知っておくと便利ですし、今年になってもそれは続けていきたい。

総じていい1年だったように思えます。1年前の絵を見てウッてなるってことはそっちも成長はしていると思うし、1年後も今の絵を見てウッてなりたい。

2017年の抱負

今年は

  • 冬コミ以外の同人イベントではだいたい何するか決めたので、まずはそれをちゃんとやりきること。
  • 去年に引き続きテーマカラーを決めたので、それをなんとなく意識すること。
  • 既に第1回が終わりましたが、毎月の『AOTC』だったり、本体だったりを通してもっとStratosphereというイベントを育てること。

この3つが土台になるかと思います。 何をしようとしてるのかここで明記するのは避けますが、多分面白くなると思ってるので、まったり見守っていただければ。

そんなこんなで今年もラクエスク、瓶底眼鏡女子同盟、Stratosphere、ひいてはるーくをどうぞよろしくお願いします。