読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

And Q.

思ったことを書きます

Arc Of The Colourless

f:id:rooandqoo32:20151228170711p:plain

2014年6月よりスタートしたトランス系クラブイベント「Stratosphere」からこの度コンピレーションアルバムがリリースされます。 昨年末くらいに「そのうちコンピとかつくりたいな〜」と思ってたら本当にできちゃいました。 19曲入り2枚組、変なパッケージングで2000円です。12月31日のコミケ3日目、東ケ-16ab"Unitone & Digital Logics"にて頒布です。よろしくね。

特設サイトはこちらです。

Arc Of The Colourlessというタイトル

ほら海外のトランスのラジオショーってASOTとかABGTとかそういう風に略されるじゃないですか。 あとは地球を外から見た時、表面が弧に見える画が多いなあと思ったので、ほんとそのまんまです。イギリス綴りなのは僕がAnjunabeatsファンだから。うーん恥ずかしい。

収録内容

2枚組は「黒盤」と「白盤」に分かれていて、「黒」の方にはDeep、またProgressiveなトランスが9曲、「白」の方にはUpliftingが10曲入っています。 何はなくとも視聴してみてください。

ストラトのレギュラーメンバー(ラウンジ含)、歴代ゲスト、またイベントや個人的にゆかりある方々など、最前線で活躍し続ける皆様から渾身の1曲を書き下ろしていただきまして、トランスのコンピレーションアルバムとしては最上級クラスのラインナップになったと思います。 トランスファンはもちろん、トランスという音楽に興味のある方には是非オススメしたいです。

グラフィック、そしてデザイン

CDの顔とも言うべきジャケットですが、これはもちろんいつもストラトのフライヤーやポスターで素敵宇宙をつくってくださっているあさくらさんましゃなさん以外に頼める方なんておりません。今回も最高に素晴らしい宇宙をつくっていただきました。

と書いたところで、「ジャケット真っ黒にロゴじゃねーか」と思われた方も多いかもしれません。

最高の宇宙だから最高に大きく表現したい

宇宙のグラフィックは毎度本当に素晴らしいので、よくあるCDジャケットのサイズに落としこむのは勿体無いという考えがずっと頭の中にこびりついていました。 どうしたら大きく、派手にグラフィックを見せることができるだろうか。その一点のために色々と試行錯誤を繰り返しました。 トールサイズのジャケットにするか?それとも大判レコードのようなケースに?ポスターを織り込んで封入?候補はさまざまでしたが、どうにもしっくり来なかった。 そして行き着いたのが、「2つのデジパックを組み合わせる」ことでした。

f:id:rooandqoo32:20151231003432j:plain

f:id:rooandqoo32:20151231003443j:plain

f:id:rooandqoo32:20151231003457j:plain

この他の書影はこちらにまとまっています

黒と白というふたつの「無色」と、それを象徴する「地球」と「宇宙」の対比が美しく表現できた、と自負しています。 畳めば普通の2枚組ですので、収納にも困らない…はず。

デザイン

ロゴやDTPはお馴染みヒトマスモドルさん。 いつも通りに好き勝手やっていただきました。シンプルながらロゴが目を引く、存在感のある造形になっています。

リリースパーティ

イベントと連動したCDなんだからもちろん!リリースパーティもあります。 会場はamate-raxiからCIRCUS TOKYOへ。といっても住所は変わりないんですが……。 ゲストにMKさん、源屋さんをお迎えし、5回目となる宇宙体験をお届けします。

あ、日付は2.27(土) 13:00〜です。

おわりに

なんだかんだ言ってきましたが要するにめっちゃトランス好きなんです。沢山の人に届くと嬉しいです。